小児歯科一般治療

乳歯は永久歯より柔らかいので、虫歯になるとあっという間に大きな穴になってしまう場合があります。早期発見、早期治療を心がけましょう。

 

また、きちんとした歯ブラシ習慣と、きれいな歯並びにしておくことは、将来的にとても大切です。ひとつ注意しておきたいことがあります。

 

「乳歯が虫歯になっちゃったけど、どうせ永久歯に生え変わるからいいや」では決してないことです。

 

乳歯には永久歯の水先案内人という大切な役目があります。ですから先発の乳歯に虫歯ができたり、早めに抜いたり、歯並びが悪かったりすると、永久歯はそれを基準に生えてきます。

永久歯のためにも乳歯は大切にしておかなければならない、といえましょう

乳歯の特徴について

 

当たり前ですが、ただ大人の歯が小さくなったものではありません。それぞれ子供の時代にふさわしい本数、形をしています。

 

まず本数ですが、大人がふつう28本(親知らずを入れると32本)に対して、子供は20本です。大人に比べて、子供のお口も小さいので、歯の本数が少ないのは当然といえば当然です。

 

そしてこの乳歯は、大人の永久歯と比べて、エナメル質の成分が少ないのです。 エナメル質とは、歯の一番外側にあるダイヤモンドより硬いといわれている成分です。虫歯菌をはねかえし、歯を守る大切なかたい部分です。

 

このエナメル質の量や厚みが乳歯は永久歯より少ないのです。ここにポイントがあります。歯を守るエナメル質の成分が少ないということは、乳歯ではひとたび虫歯になると、みるみる進行するということです。

 

あっという間に虫歯がすすんで、神経のそばまで到達し、痛いよ、しみる、が始まることがあります。

歯の表面は小さな穴なのに、なかで大きく虫歯が育ち、内部ががらんどうのようになっている場合もあります。乳歯の虫歯は油断大敵です。

小さくても、あれよあれよと進行してしまうもの、と思っていてまちがいはありません。乳歯の虫歯の早期発見、早期治療は、大人の永久歯以上に大切です。

歯並びが悪いといけないの?

下の歯が上より前に出ている咬み合わせを反対咬合(うけ口)といいます。 うけ口の人は食べ物が良く咬めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になります。

 

また、顔つきもしゃくれた感じになります。反対咬合に限らず、上顎前突(出っ歯)、叢生(八重歯、乱抗歯)、開咬(奥歯は咬んでいるが前歯が咬みあわない)など、歯並びが悪いと、以下の症状が出る場合があります。

  • 虫歯、歯槽膿漏になりやすい

  • よく咬めない(そのため胃腸障害、成長障害が起こる)

  • 顎の成長、顔の形にも影響する

  • 口元が気になる(コンプレックス)

  • 発音しにくい

治療のタイミングによって比較的早く症状がよくできる場合がありますので、お早めにご相談ください。

 

泣かずにがんばって最後まで治療を終わらせたお友だちは
ごほうびに消しゴムがもらえるよ!

 

駐車場有

駐車場有

東京都足立区栗原4-22-10駐車場有

03-3854-0900

Maps

駐車場有

東京都足立区栗原4-22-10駐車場有


Maps


03-3854-0900

平木歯科